大震災から1年。

震災から今日で1年です。長かったようにも感じますが、あっという間にも感じる不思議な感覚です。

被害に遭われた方々、ご親族・ご友人が被害に遭われた方々。

改めて心よりお見舞い申し上げます。


2011年3月11日14時46分。
家には来客3名に加え、産休で里帰り中の姉と母と私の合計6名いました。
恐らく家族だけだったら、パニックになっていたかと思います。
6人も居たので、本当に心強かったです。

家の地域は、震度5弱でしたが、かなりの体感でした。

東北の震度7という揺れは、相当恐ろしかった事かと思います。

揺れが収まりテレビを見ると、ヘルメットをかぶるアナウンサーの姿からただ事ではない様子が伝わってきました。

それから徐々に被害状況が分りました。
テレビに映し出される東北の景色は、あの揺れにしては、倒壊している家がほとんどなく、ほんの少しですがホッとしたのを覚えています。

しかし、恐ろしいのは揺れではなく、津波だったんですよね。


お年寄りの方、体の不自由な方はちゃんと避難できたのだろうか?


誰にも気がつかれないで、独りぼっちで助けを待っている人がいるのではないか?


東北、北関東のお客さまがうちのお店には多いので、とっても心配でした。
そんな事を当時ずっと考えていました。

この1年間、被災した方々のご苦労や頑張りは言葉では言い表せないものだと思います。

【がんばって】とは私は絶対に言いません。

あと2年、あと1年と期間が決まっている事だったら「もう少しだから頑張って!」と言えるかもしれませんが、そういう事ではないからです。

まずは、被災地の方々の生活基盤が安定する日が、一日も早く来る事を祈ってます。

くれぐれも頑張り過ぎないで、悲しい事や辛いことを我慢しないでどこかで吐き出して欲しいです。


そして、被災地が復興するまで、一人一人できる事をしていきたいですね。
[PR]

by nh-fleur | 2012-03-11 19:21 | 日常生活 | Comments(0)